チーズケーキの作り方・レシピ

理想のベイクドチーズケーキの作り方・レシピ - コリスのお菓子作りブログ

投稿日:2019年5月2日 更新日:

理想のベイクドチーズケーキできあがり

調理時間:50分以下 ※焼き時間を除く        動画でこのレシピを作る

 

今回は理想のベイクドチーズケーキの作り方・レシピをご紹介します。自身の中で追い求めた理想のベイクドチーズケーキ少しずつ少しずつ味や焼き方、作り方などを見直しながらようやくたどり着いたレシピと作り方です。表面の香ばしさ、ミルクとチーズのコクがありながらキレが良さをふんわりしているけど軽すぎず、固さは一見しっかりしてるけど口の中に入れた瞬間ににとろける、そして後味がスーッと消え、ミルクの優しい感じだけが残る…そんな味わいのベイクドチーズケーキです。是非一度作ってみて下さい(#^^#)

理想のベイクドチーズケーキのレシピ(15㎝(5号)サイズ)

【理想のベイクドチーズケーキの材料(15㎝)】焼き温度・焼き時間目安:180℃・合計32分(湯煎)
・クリームチーズ … 200g
・牛乳 … 10g
・卵黄 … 3個分(Mサイズ)
・グラニュー糖 … 15g
・コーンスターチ … 10g
・牛乳 … 125g
・無塩バター … 40g
・卵白 … 40g
・グラニュー糖 … 25g

【オレオ生地の材料】
・オレオ … 9枚
・無塩バター … 30g

理想のベイクドチーズケーキの作り方

オレオ生地を作って型の準備をする

レオを細かく砕いて溶かしバターと混ぜ合わせオレオ生地を作ります→簡単オレオタルトクッキー生地の作り方

15㎝スポンジ型に焼き紙を敷いてオレオ生地を敷きこみます。型の底をアルミホイルで包んで冷蔵庫に入れ冷やしておきます。

※湯煎焼きするので底をアルミホイルでしっかり包んでください。オレオの砕き方が荒かったり底に敷く時に隙間が大きな状態で敷くと、生地を入れた時にその部分から生地がもれてしまうことがあるので注意して下さい。
※アルミホイルに穴が開いていると湯煎が入って生地がベトベトになってしまうので注意して下さい。

 

理想のベイクドチーズケーキに使う道具

理想のベイクドチーズケーキに使う道具はボウル(2つ)、ホイッパー、ゴムベラ、ザル又は濾し網、手鍋、焼き型、ハンドミキサー、

 

理想のベイクドチーズケーキの作り方

◎前準備
※卵黄と卵白は別々にしておき、卵白はボウルに入れて冷蔵庫に入れ冷やしておきます。(安定したメレンゲを作るために冷やしておきます)
※グラニュー糖(15g)とコーンスターチは同じ器に計量して混ぜ合わせておきます。
※手鍋に牛乳と無塩バターを計量します。(バターは溶けやすいようになるべく薄くカットして入れる)

 

 

◎理想のベイクドチーズケーキ作りスタート

クリームチーズをボウルに入れ電子レンジ500Wで20秒加熱し、ゴムベラでしっかり混ぜなめらかにします。なめらかになったら牛乳(10g)を加えなめらかになるまで混ぜ合わせます。

※クリームチーズは冷蔵庫から出したての冷えたものをレンジで加熱します。(クリームチーズを事前に常温に出してなめらかにする方法でも良いです。)
この段階でクリームチーズをしっかりなめらかにしておくことでなめらかな生地に仕上がります

 

卵黄ににグラニュー糖とコーンスターチを混ぜ合わせたものを加えホイッパーで混ぜ合わせ、白っぽくなるまで泡立てます。(ブランシール)

※しっかり泡立てて空気を含ませることで熱い牛乳を加えた時に卵黄に火が入ってしまいダマになってしまうのを防ぎます。
※卵黄は乾燥してダマになりやすいので、ボウルの淵についた卵黄はゴムベラで綺麗にしておきます。

 

手鍋を中火程度にかけてゴムベラで混ぜながら牛乳とバターを加熱し、沸騰したら火を止め、卵黄に1/4~1/3程度加えてホイッパーで混ぜ合わせます。混ざったら残りも加えて混ぜ合わせます。

 

ザルで濾しながら手鍋に戻します。

 

弱火で加熱して、ゴムベラで鍋底をこすりながら八の字を描くように混ぜ加熱します。底から少し固まってきたら火を止めホイッパーで混ぜなめらかに均一にします。ホイッパーでスーっとすると…ホイッパーの跡が少し残ってスーッと消えるくらいのゆるいカスタードに仕上げます。

※専門的になってしまいますが、ちょっと固めのアングレーズくらいが炊きあがりの目安になります。垂らした跡がしっかり残っていたり、ボテッと垂れるまで炊いてしまうと炊きすぎになります。炊きすぎてもベイクドチーズケーキとしては作れますが、よりなめらかな口どけのチーズケーキに仕上げるにはこの炊きあがりが重要なポイントになります。

 

事前になめらかにしておいたクリームチーズにまず1/4~1/3程度加えてホイッパーでしっかり混ぜ合わせ、混ざったら残りも加えてホイッパーで混ぜ合わせます。

 

泡立てた卵白にグラニュー糖(25g)を2回に分け加え泡立て、メレンゲを作ります。しっかり泡立ってきたら低速で1分キメを整えます。
基本のメレンゲの詳しい作り方→メレンゲの作り方・作り方のコツ

 

まずメレンゲを約1/3加えゴムベラで混ぜ合わせ、混ざったら残りも加えホイッパーで混ぜ合わせます。9割程度混ざったらゴムベラに持ち替え丁寧に混ぜ合わせます。混ぜればベイクドチーズケーキ生地の完成です。

※この段階で生地作りがうまくいっている場合はなめらかでつややかで、軽いクリーム状の仕上がりです。
※メレンゲが混ざりにくい場合はホイッパーを使っても良いです。

 

生地をを型に流し入れて表面を整え天板に置き、約40℃のお湯を天板にいきわたるくらい入れ、180℃に予熱したオーブンで約32分焼きます。

※今回はしっとりと焼き上げる方法です。中までしっかり火を通したい場合は32分焼いたら一度オーブンの扉をあけ、すぐ閉めてオーブンの電源を切って15分置いておきます(予熱焼き)

 

焼きあがったら常温で冷ましておきます。冷めたら表面にラップをして冷蔵庫に入れ4時間以上冷やします。

 

冷えたら型から取り出します。

※側面がややくっついて取り出しにくい場合は側面にパレットナイフを入れてから取り出します。底はオレオ生地と型の間にパレットナイフを入れて取り出します。

 

理想のベイクドチーズケーキの完成です。

 

◎補足
・今回の理想のベイクドチーズケーキはカスタードの炊き方やメレンゲの状態でチーズケーキの食感、見た目、口どけが大きく変わります。全てがうまくはまって理想の生地ができるととってもなめらかで口どけの良いチーズケーキに仕上がります☆

 

 

【理想のベイクドチーズケーキの作り方の動画】

レシピをYouTubeの動画こりすクッキングチャンネルにアップしています。特にカスタードの炊き具合、あとは生地の混ぜ方など、ぜひ動画も参考にして下さい。

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

☆おすすめ記事☆

1

調理時間:40分以下              動画でこのレシピを作る   今回は簡単かぼちゃのミニモンブランの作り方・レシピをご紹介します。ルヴァンプライムにたっぷりとクレームシャンティを ...

2

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く     動画でこのレシピを作る   お誕生日ケーキにクリスマスケーキ。自分へのご褒美ケーキやカップルでのお祝いケーキ。 今回は卵1個で作れる12㎝(4 ...

3

先日初めての料理教室を開催しました。 下は保育園の子から小学校低学年、上は小学3年生の子まで合計6人の子供達とそのお母さん達との体験型親子料理教室です。作り方を説明していきながら実際に子供達に作ってい ...

4

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く      動画でこのレシピを作る   クリスマスに定番の苺の生クリスマスケーキ。 今回はプロレシピのクリスマスケーキの作り方・レシピをご紹介します。苺 ...

5

公開2018/10/23 おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。 【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキのレ ...

-チーズケーキの作り方・レシピ

Copyright© コリスのお菓子作り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.