バターサンド・ブッセ・ダックワーズ

いちごのブッセの作り方・レシピ ふんわり生地で苺のバタークリームサンド

調理時間: 50分 ※焼き時間除く

動画でこのレシピを作る

今回はいちごのブッセの作り方・レシピをご紹介します。
ふんわりと優しい卵風味のブッセ生地にいちごの味わいのバタークリームをサンドしました。卵と優しいいちごの香りふんわりブッセです。バタークリームを使っているので贈り物などにもとってもお勧めです☆理想のブッセが作りたくて試作を繰り返したお菓子なので是非沢山の方に作って味わってもらいたいです☆

レシピをYouTubeの動画こりすクッキングチャンネルにアップしています。生地の作り方や混ぜ具合、絞り方や焼き具合など、ぜひ動画も参考にして下さい。

coris-icon
スポンサードリンク

紹介動画

スポンサードリンク

投稿名の材料

190℃:約12分

ブッセ生地の材料

卵黄(Mサイズ)

2個分

グラニュー糖

24g

はちみつ

8g

強力粉

45g

卵白

48g

グラニュー糖

24g

粉糖(ふるいかけ用)

適量

※粉糖はコーンスターチ無しのものがお勧めです

いちごのバタークリーム

いちご

85g

グラニュー糖

28g

ホワイトチョコレート

20g

無塩バター

50g

投稿名の作り方

  • いちごのバタークリームを作る

    いちごのバタークリームを作っておきます。→いちごのバタークリームの作り方・レシピ

    ※ブッセ生地が出来て冷めたらすぐにサンドできるようにクリームを用意しておきます。

  • いちごのブッセに使う道具

    いちごのブッセに使う道具はボウル、ホイッパー、ゴムベラ、ふるい、茶こし、ハンドミキサー、包丁、まな板、パレットナイフ

  • いちごのブッセ作りの前準備

    ・卵黄と卵白に分けて卵白は冷蔵庫に入れておきます。(安定したメレンゲを作るため)
    ・強力粉は一度ふるって器に戻しておきます。(生地に加える時に再度ふるいながら加えます。)

  • いちごのブッセ作りスタート

    卵黄にはちみつとグラニュー糖を加えて白っぽくなるまで泡立てます。(ブランシール)

    ※卵黄は乾燥してだまになりやすいので、飛び散った卵黄はゴムベラで綺麗にしておきます。

    泡立てた卵白にグラニュー糖を3回に分け入れそのつど泡立ててツヤのやるツノが立つくらいのメレンゲを作ります。

    ※メレンゲの詳しい作り方→メレンゲの作り方・泡立て方・コツ 初心者の方でも失敗しないためのコツ☆
    ※卵白を計量する時はしっかりと溶きほぐしてから計量して下さい

    メレンゲに卵黄生地を全て加えてホイッパーでサックリと混ぜ合わせ、強力粉をふるいながら加えホイッパーでサッと粉気がほぼなくなるまで混ぜます。ホイッパーを取り出してゴムベラで優しくサックリと混ぜ合わせます。

    ※なるべく生地をふんわりと仕上げるように行います。時間をかけすぎると強力粉が水分を吸って重たい生地になってしまうのでなるべくサッと混ぜ合わせて下さい。
    ※混ぜ具合については動画を参考にしてください

    生地を絞り袋に入れ(丸口金大セット)ベーキングシートを敷いた天板に約4.5㎝~5㎝程度にこんもりと絞ります。(今回は12個絞れました)

    絞った生地に粉糖をふるいかけて、全体にふるいかけたらもう一度ふるいかけ、190℃に予熱したオーブンで約12分焼きます。

    ※粉糖を2度がけすることで表面をサックリと焼き上げることが出来ます

    焼けたらすぐにベーキングシートごと天板から取り出して冷まします。

  • 仕上げ

    いちごのバタークリームを用意します。→いちごのバタークリームの作り方・レシピ

    生地をパレットナイフを使ってとり、いちごのバタークリームを塗ってサンドします。バタークリームは中心をややこんもりとなるように塗るとバランスが良くなります。

    ※生地は無理やり剥がすと底がはがれてしまったりするのでパレットナイフで丁寧に取ってください。

    いちごのブッセの完成です。お好みでラッピングして仕上げます。

    ※ラッピング用品は100均(Seria)で購入しました。

こんなお菓子もオススメ
関連記事