クッキーの作り方・レシピ

アイスボックスクッキーの作り方【1つの生地から6種類☆】- コリスとリリのおうちお菓子作りブログ

更新日:

公開2019/04/25

今回はアイスボックスクッキーの作り方【1つの生地から6種類☆】の作り方・レシピをご紹介します。一つの生地を作って6つに分け、簡単時短でアイスボックスクッキーを作ります。

アイスボックスクッキーできあがり

 

アイスボックスクッキーの作り方【1つの生地から6種類☆】について

アイスボックスクッキーの詰め合わせを作る時に1種類ずつを何回も作ると大変ですし時間もかかります。今回の方法は1つのベースとなるクッキー生地を作って、その生地を6つに分け、アーモンド、クルミ、チョコレート、バニラ、ココアマカダミアン、抹茶の6種類をベースの生地から一気に作ります。今回のアイスボックスクッキーのレシピは強力粉の入らない薄力粉のみのレシピなので練り直しも比較的行いやすいと思います(#^^#)今回の方法はかなり応用がきくので是非オリジナルのアイスボックスクッキーの詰め合わせを作ってみて下さい☆

アイスボックスクッキーの作り方【1つの生地から6種類☆】のレシピ

ベースとなるクッキー生地(生地の仕上がり量は約580~600gで、1種類につき生地量は約95gになります)

材料 分量
無塩バター 160g
グラニュー糖 120g
卵(Mサイズ) 1個
バニラオイル 少々
少々
アーモンドパウダー 30g
薄力粉 230g

6種類のクッキーに混ぜ込む材料はそれぞれ↓
・なにも加えないバニラ
・アーモンド 15g
・クルミ 15g 
・スイートチョコレート 15g 
・抹茶  小さじ1/2
・純ココアパウダー 小さじ1/2とマカダミアンナッツ 15g

今回はこの6種類で作ります。この応用で様々なクッキーが作れます。

アイスボックスクッキーの作り方【1つの生地ら6種類☆】の作り方

◎前準備

※バターは事前に常温にだして柔らかくしておきます(室温が涼しくてバターがあまり柔らかくならない場合は電子レンジ500Wで5~10秒ずつ加熱し、バターを指で押せるくらいの柔らかさにします。)

ナッツやチョコレートを刻む

 

※ナッツ類、チョコレートはそれぞれ荒めに刻んでおきます。(ピスタチオやカシューナッツ、ヘーゼルナッツなどお好みのナッツでも代用できます☆)
※卵はよく溶きほぐしておきます

バターにグラニュー糖を混ぜ合わせる

1、常温に戻した柔らかいバターをホイッパーで混ぜなめらかにして、グラニュー糖を加え混ぜ合わせます。(泡立てる必要はありません)

バターに卵を加え混ぜ合わせる

2、①に卵を3~4回に分け入れそのつどしっかりとホイッパーで混ぜ合わせます(乳化)

アーモンドパウダーを加える

3、②にバニラオイルと塩を加えホイッパーで軽く混ぜ合わせます。混ざったらアーモンドパウダーを加え混ぜ合わせます。ホイッパーを引き上げゴムベラに持ち替えます。

生地に薄力粉を加える

クッキー生地のベースの完成

4、③に薄力粉をふるい入れてゴムベラで切るように混ぜ合わせます。量が多いので時間がかかりますが根気よく切るようにほぼひとまとまりになるまで混ぜます。

生地を6つに分ける

5、生地を量りに置いて重さを確認してから(大体580~600g程度です)生地を大体6等分にわけます。1つにつき約95g程度。
6、6つに分けた生地にそれぞれナッツやチョコレート、粉類を混ぜ合わせます。(生地に刻んだ材料が絡まればOKなので必要以上に混ぜる必要はありません)

6つに分けた生地にそれぞれ材料を混ぜ合わせる

・アーモンド ・クルミ ・チョコレート ・抹茶 ・ココアとマカダミアン ・何も加えないバニラ味 …の6種類です。

生地を冷やす

7、⑥をそれぞれラップで包み冷蔵庫で4時間以上冷やし寝かせます。

生地を棒状に成型する

8、⑦を練り直して直径4~4.5㎝程度の棒状に成型します。(練り直しの詳しい状態は動画を参照してください)棒状に成型したらラップで包んで冷蔵庫で4時間以上冷やし寝かせます。

生地に卵白を塗る

生地にグラニュー糖をつける

生地にカットする目安をつける

9、棒状のクッキー生地の側面によく溶きほぐした卵白を薄く塗ってグラニュー糖をしっかりとつけます。1㎝刻みにカットする印をつけて冷凍庫にいれ1時間冷やします。(カットする時に潰れにくくなります)

クッキー生地をカットする

カットしたクッキー

クッキーを天板に並べる

クッキーを焼く

10、⑨をカットして天板に並べ170℃に予熱したオーブンで約20分+α焼いていきます。クッキーの数が多いので2~3回に分けて焼いていきます。

焼けたクッキーを取り出す

11、オーブン内で焼き具合が大きく変わることがあるので大体20分を目安に香ばしく焼けたクッキーから取り出していきます。それ以降は1~3分ごとくらいでどんどん焼き色がついてくるので、そのつど取り出します。
12、一旦1天板分が焼けたらオーブンは170℃のままつけておき、熱くなった天板は水などで冷やし、水気を拭いて残りのクッキー生地を並べ同じように焼いていきます(火傷注意)
※アーモンド、クルミ、バニラ、チョコレートはある程度香ばしい色を目安として焼いてください。抹茶とココアは焼きすぎると風味が飛んでいくので焼きすぎ注意です

クッキー焼き上がり

クッキーの袋

袋に入れたクッキー

13、常温で冷ませば完成です。冷めたら袋に入れラッピングします。
今回使用した袋とブリキの箱は100均(seria)で購入したものです。袋の大きさは130×90㎜のマチ無しのりつきを使用しました。

▶ポイント
・バターが固い状態で生地作りをしていくと生地を混ぜていく工程がかなり大変になります。指で簡単に押せるくらいの固さのバターを使用して下さい。
・棒状に成型する時は打ち粉を程度に使用して下さい。(薄力粉のみのクッキー生地なので多少打ち粉を使用してもOKです☆)逆にベトっとしたまま焼くと焼き広がりすぎることがあります)

 

クッキーを箱に入れる

まとめ

今回はアイスボックスクッキーの作り方【1つの生地から6種類☆】の作り方・レシピについてご紹介しました。クッキーの詰め合わせを作る時に一つ一つ生地仕込みをすると材料を何回も計量しないといけないので大変ですよね(>_<)今回はそういう工程をなるべくひとつにまとめる工夫をして作ってみました。このように作業をまとめて数種類のお菓子を作る作り方は他のお菓子でも応用できると思うので是非試してみて下さい(#^^#)

☆おすすめ記事☆

チョコレートの基礎知識・コツ

マカロンの起源や歴史・作り方のコツ

イースター(復活祭)について

チョコレートの乳化について

天使のなめらかプリン

紅茶のシフォンケーキ

チョコレートマカロン

世界一簡単?!なクッキー

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

-クッキーの作り方・レシピ

Copyright© コリスとリリのおうちお菓子作り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.