果実酒

青柚子(ゆず)シロップの作り方・レシピ ☆旬の青ユズを使って香りの良い手作りシロップ作り☆青ゆずソーダ

調理時間: 20分以下 ※漬け込み時間除く

動画でこのレシピを作る

今回は青柚子(ゆず)シロップの作り方・レシピをご紹介します。青柚子(ゆず)独特の爽やかで品のある香りで、炭酸などで割ってジュースで頂いたり、お酒と炭酸で割って飲むのもとってもお勧めです☆

レシピをYouTubeの動画こりすクッキングチャンネルにアップしています。ぜひ動画も参考にして下さい。

coris-icon
スポンサードリンク

紹介動画

スポンサードリンク

投稿名の材料

青柚子(ゆず)シロップの材料

青柚子(ゆず)

約450g(約10個)

グラニュー糖 

約450g(ゆずと同量)

※青柚子(ゆず)の量に合わせて砂糖の量も調整して下さい。

投稿名の作り方

  • 青柚子(ゆず)シロップに使う道具

    青柚子(ゆず)シロップに使う道具はまな板、包丁

  • 保存瓶を用意する

    お好みの保存瓶を用意して洗剤でしっかりと洗ってすすぎ、水気を取ってしっかりと乾燥させておきます。

  • 青柚子(ゆず)シロップ作りスタート

    青柚子(ゆず)の重さを計量して砂糖も同量用意します。

    青柚子
    グラニュー糖

    ※柚子の量に合わせて砂糖の量も調整して下さい。

    青柚子(ゆず)のヘタを取ってサッと洗い、約5mm程度にカットします。

    ヘタを取る
    青柚子をカットする
    カットした青柚子

    ※青柚子は押切りすると潰れて果汁を出てしまうので、包丁を前後に動かしてカットします。

    保存瓶に青柚子(ゆず)と砂糖を交互に入れて冷蔵庫に半日~1日程度入れます。保存瓶に入れている途中に保存瓶を軽く振ってグラニュー糖で隙間を埋めます。

    保存瓶にグラニュー糖を入れる
    保存瓶を振る
    保存瓶に青柚子とグラニュー糖を入れた状態

    ※砂糖は溶けるとかさが減るので保存瓶いっぱいに入れても大丈夫です。

    半日~1日冷蔵庫にいれたら、冷蔵庫から出してスプーンなどで底から優しく混ぜて溶け残った砂糖の結晶を均一にしてからまた冷蔵庫に入れます。この作業を砂糖が溶けるまで1日1回~2回程度行います。

    一日冷蔵庫に入れた状態
    青柚子とグラニュー糖を混ぜる
    青柚子とグラニュー糖を混ぜた状態

    ※あまり強く混ぜると皮の苦みが出るので、底から優しく返すように混ぜて下さい。

    今回は大体3日目で砂糖が溶けてシロップ状なりました。これで青柚子(ゆず)シロップの完成です。

    砂糖が溶けてシロップ状なった状態
    砂糖が溶けてシロップ状になる
    青柚子(ゆず)シロップ完成

    ◎保存方法のポイント

    ・糖分が高いので傷みにくいですが、常温に置くと発酵したり風味が変わる恐れがあるので、なるべく冷蔵庫で保存して香りの良い内に使って下さい。

  • 青柚子(ゆず)シロップソーダの作り方

    グラスに氷と青柚子(ゆず)シロップの絡んだ果肉を5~6枚程度、青柚子(ゆず)シロップを適量(大さじ2程度)にソーダを200~300ml程度注いで、マドラーで底から優しく混ぜます。これで青柚子(ゆず)シロップソーダの完成です。

こんなお菓子もオススメ
関連記事