フィナンシェ・マドレーヌの作り方・レシピ

基本のマドレーヌの作り方・レシピ・マドレーヌとは- コリスのお菓子作りブログ

投稿日:2019年3月12日 更新日:

公開2019/03/12

今回は基本マドレーヌの作り方・レシピ・マドレーヌとは、についてご紹介します。こりすクッキングのマドレーヌは卵の優しい味わいにアーモンドのコクをプラスしてレモンの皮とラム酒を香りのアクセントに加えたリッチなマドレーヌになります。冷えた生地を冷たいまま型に流し入れて高温で焼き上げます。表面はやや香ばしく、中はしっとりフンワリ焼き上がります。焼きたては表面はサクッと中はフンワリ味わえますし、袋に入れて常温で置いておけばバターがなじんでしっとりと香り良く味わえます☆

マドレーヌできあがり

マドレーヌとは

◎マドレーヌとは

マドレーヌとはフランス発祥の焼き菓子で、卵、砂糖、小麦粉、バターを混ぜ合わせた生地をバターを塗った貝殻型の焼き型に流しいれ焼き上げたお菓子です。好みでアーモンドパウダーやバニラ、洋酒などを加えることもあります。

◎マドレーヌの発祥について

マドレーヌの発祥については諸説ありますが、その一つとして1755年にフランスのお城で開かれた晩餐会で料理長とパティシエが喧嘩して出ていってしまった際に、調理場で働いていた「マドレーヌ・ポルミエ」という女性があり合わせの材料とホタテの貝殻を使ってしっとりとした黄金色の焼き菓子を作りました。そのことからマドレーヌという名がついたと言われています。

◎お菓子屋さんでよく見る丸い形の菊形のマドレーヌについて

お菓子屋さんでよく見る円形の菊形のマドレーヌは日本にパンドジェーヌというお菓子が日本に伝わった際にマドレーヌと混同され、その型がマドレーヌ型として使われたことによるものです。

マドレーヌのレシピ

マドレーヌ型 約6個分(少し生地が余ったので約8㎝のカップも1つ追加しました)

~マドレーヌ生地~

材料 分量
卵(Mサイズ) 1個分
グラニュー糖 55g
アーモンドパウダー 25g
レモンの皮 1/4個分
薄力粉 27g
ベーキングパウダー 1g
無塩バター 55g
ラム酒 4g
無塩バター(溶かしバター)型に塗る用 適量(約5g)

 

マドレーヌの作り方

マドレーヌ作りの前準備

マドレーヌ型にバターを塗る

※マドレーヌ型に溶かしバターを塗り、冷蔵庫で冷やしておきます。(マドレーヌ型を使わずに100均などのマドレーヌカップを使う場合は溶かしバターは不要です)
(溶かしバターは型にそって均一に塗ります。一部だけ溶かしバターが溜まった状態になってしまうと焼きムラになる恐れがあるので注意して下さい。)

薄力粉とベーキングパウダーを混ぜる

※薄力粉とベーキングパウダーはよく混ぜ合わせておきます

マドレーヌ生地を作る

卵を湯煎で温める

1、卵を溶きほぐしてグラニュー糖を加え、湯煎にあててホイッパーで優しく混ぜながら卵を約40℃まで温めます。(グラニュー糖がしっかり溶けきっている状態にします)

レモンの皮をすりおろす

2、①を湯煎からおろしてアーモンドパウダーを加え混ぜ合わせ、レモンの皮もすりおろして加え混ぜ合わせます。
(レモンの皮は白い部分が入ると苦味が入ってしまうので、なるべく表面の黄色の部分だけを加えます。)

薄力粉とベーキングパウダーを加え混ぜ合わす

3、②に薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れホイッパーでサックリと粉気が見えなくなるまで混ぜ合わせます。
4、バターを器に入れラップをして電子レンジ500wで約1分(バターの状態で時間は前後します)加熱して溶かしバターにします。バターの温度は約40℃が理想です。
(バターは手鍋に入れて火にかけて溶かしたり、湯煎で溶かしたりする方法でも良いです。バターを熱くしすぎないように注意します)

生地にラップをする

5、③に④を加えてホイッパーでサックリと混ぜ合わせ、ラム酒を加え混ぜ合わせます。仕上げにゴムベラで生地を整えます。生地の表面に密着するようにラップをして冷蔵庫で4時間以上冷やし寝かせます。

マドレーヌ生地を練り直す

6、⑤をゴムベラで練り直して絞り袋に入れます。バターを塗った型に約8~9割程度生地を入れます。

型にマドレーヌ生地を絞り入れる

マドレーヌ生地にラムレーズンを入れる

今回は6つ分マドレーヌ型に生地を流し入れた段階で約1個分程度の生地が余ったので、1つはカップに入れて自家製のラムレーズンを5粒入れました。
(入れすぎになることが多いので8割を意識して下さい)100均などマドレーヌカップを使う時はカップに6割程度の生地を入れるようにします。)

マドレーヌ生地を焼く

マドレーヌ生地を焼く

7、200℃に予熱したオーブンで約16分焼きます。

マドレーヌを型から外す

8、焼けたらすぐに竹串などを使ってマドレーヌを型から外します。常温に置いて冷まします。

マドレーヌできあがり

9、冷めたらラッピングして完成です☆

おすすめマドレーヌ商品

 

 まとめ

今回は基本のマドレーヌの作り方・レシピ・マドレーヌとは、についてご紹介しました。卵が優しく香るとってもシンプルなお菓子ですが、貝型のマドレーヌ型で焼くことで独特の可愛い形になって食感や風味もとっても美味しくなります。貝型で焼いていて生地の真ん中がポコッと膨らんでくるととっても嬉しいですよね(#^^#)贈り物などにもとってもお勧めの焼き菓子なので良かったら作ってみて下さいね☆

☆おすすめ記事☆

チョコレートの基礎知識・コツ

マカロンの起源や歴史・作り方のコツ

イースター(復活祭)について

チョコレートの乳化について

天使のなめらかプリン

紅茶のシフォンケーキ

チョコレートマカロン

世界一簡単?!なクッキー

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

☆おすすめ記事☆

1

調理時間:40分以下              動画でこのレシピを作る   今回は簡単かぼちゃのミニモンブランの作り方・レシピをご紹介します。ルヴァンプライムにたっぷりとクレームシャンティを ...

2

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く     動画でこのレシピを作る   お誕生日ケーキにクリスマスケーキ。自分へのご褒美ケーキやカップルでのお祝いケーキ。 今回は卵1個で作れる12㎝(4 ...

3

先日初めての料理教室を開催しました。 下は保育園の子から小学校低学年、上は小学3年生の子まで合計6人の子供達とそのお母さん達との体験型親子料理教室です。作り方を説明していきながら実際に子供達に作ってい ...

4

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く      動画でこのレシピを作る   クリスマスに定番の苺の生クリスマスケーキ。 今回はプロレシピのクリスマスケーキの作り方・レシピをご紹介します。苺 ...

5

公開2018/10/23 おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。 【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキのレ ...

-フィナンシェ・マドレーヌの作り方・レシピ

Copyright© コリスのお菓子作り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.