自家製・手作り・保存食

いちごバターの作り方・簡単レシピ【自家製フレッシュ苺バター】

調理時間: 20分

動画でこのレシピを作る

今回はいちごバターの作り方・レシピをご紹介します。
バターのコクといちごのフレッシュな香りが広がる優しい味わいのいちごバターです。水分量が多くフレッシュなバターなのでそのままパンやクラッカーなどにつけて頂くのがお勧めです。バゲットにサンドしていちごバターサンドにするのもお勧めです☆

レシピをYouTubeの動画こりすクッキングチャンネルにアップしています。いちごの加熱具合やバターとの混ぜ合わせ方など、ぜひ動画も参考にして下さい。

coris-icon
スポンサードリンク

紹介動画

スポンサードリンク

投稿名の材料

いちごバターの材料

いちご
※ヘタ付きの状態の重さ

約120g

砂糖

40g

無塩バター

100g

練乳

10g

投稿名の作り方

  • いちごバターに使う道具

    いちごバターに使う道具は手鍋、ゴムベラ、ホイッパー、ハンドミキサー、マッシャ―(又はフォーク)、包丁、まな板

      

  • いちごバター作りの前準備

    バターは分量分を事前に常温に出して指で押してスーッと跡がつくくらいの柔らかさにしておきます。(冬場の寒い時期などは電子レンジ500Wで5秒ずつ加熱しながら適度な固さにします。

    ◆ポイントバターを常温に戻す時のポイント→バターを常温で戻して適度な柔らかさに・バターを扱いやすく方法・コツ

      

    いちごはサッと水で洗ってヘタを取り、マッシャー(又はフォークなど)で潰してグラニュー糖を加えて混ぜ合わせます。

      

    いちごを手鍋に入れて中火にかけて、ゴムベラで混ぜながら加熱して沸騰してからさらに加熱して、ゴムベラでスーッとした時にサッと跡が残って消えるくらいまで加熱します。

      

    手鍋を氷水にあてて約30℃(ぬる冷たいくらい)まで冷やします。

      

    バターをハンドミキサーでなめらかにして、練乳加えて混ぜ合わせます。

      

    バターに3回に分け入れて、そのつどハンドミキサーでしっかりと混ぜ(泡立て)クリーム状にしていきます。

    ※途中ハンドミキサーについたバターやボウルのバターをゴムベラで綺麗にして混ぜ込んで、ダマのない綺麗ないちごバターにしていきます。

      

    クリーム状になればいちごバターの完成です。出来立てをそのままパンなどにつけて頂くのがお勧めです。

    ◎注意点
    通常バタークリームですと冷蔵庫で保存したものを再度泡立てなおしてふんわりとさせて使うことがありますが、今回のいちごバターは水分が多いので、冷蔵庫で保存したのちに
    常温に戻して泡立てなおすと分離してしまう恐れがあります。できるだけ出来立てのものを使うか、冷蔵庫で保存したのちはそのまま使うようにして下さい。

こんなお菓子もオススメ
関連記事