お菓子作りのコツ

絞り袋の作り方と絞り袋の扱い方 - コリスのお菓子作りブログ

投稿日:2017年12月2日 更新日:

絞り袋の作り方・扱い方のポイント

動画で見る

 

今回は絞り袋の作り方・扱い方についてご紹介します。絞り袋をしっかり作って適切に扱うことで生地やクリームを綺麗に絞りやすくなったり、手がベトベトに汚れるのを防ぐことができます。

絞り袋の作り方と絞り袋の扱い方

※絞り袋は100均で購入した絞り袋の大を使用しています。

 

◎絞り袋の作り方

絞り袋の先端を口金のサイズに合わせてカットします。

※口金を入れた時に、星口金ならギザギザの部分が絞り袋で隠れてしまわない位置までカットします。口金の加工部分が絞り袋にかかっていると、絞った時に絞り袋にクリームが当たってしまい綺麗に絞ることができません

 

口金をセットして、口金の中に絞り袋をねじって入れ込みます。

※クリームや生地を入れた時に先端から漏れてくるのを防ぎます。

 

絞り袋の上部を1/3~1/2程度折り返します。これで絞り袋の準備の完了です。

◎絞り袋にクリームを入れる時のポイント

絞り袋の折り返した部分に手を「コの字」にしてはめ込んで、クリームや生地を絞り袋に入れます。絞り袋を持った手になすりつけるような形でクリームや生地を入れればゴムベラに残すことなく綺麗に入れることができます。

※絞り袋に入れるクリームや生地は絞り袋の大きさに対して1/3~1/2程度がお勧めです。あまり多く入れすぎると絞る時にうまく力が伝わらなかったり絞り袋の上部からクリームなどが漏れてくることがあります。

 

クリームや生地を絞り袋に入れたら、入れたクリームの少し上の部分から絞り袋を束ねてねじります。ねじり終わったら口金に入れていた絞り袋
を出します。

 

◎絞り袋の持ち方

クリームや生地を入れて準備が出来たら、絞り袋の上部のねじった部分とクリームが入った付け根を親指と人差し指の付け根で挟んで握りますそのまま握ってクリームや生地を絞っていきます。反対の手を口金部分に軽くあてて補助しながら絞ると綺麗に絞りやすいです。

 

◎補足

固さの固いクレームダマンドやクッキー生地は絞り袋に生地を入れすぎると、絞った時に絞り袋に圧力がかかりすぎて口金が抜けてしまったり絞り袋が破けることがあるので注意して下さい。

 

 

【絞り袋の作り方と絞り袋の扱い方の動画】

レシピをYouTubeの動画こりすクッキングチャンネルにアップしています。ぜひ動画も参考にして下さい。

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

☆おすすめ記事☆

1

調理時間:40分以下              動画でこのレシピを作る   今回は簡単かぼちゃのミニモンブランの作り方・レシピをご紹介します。ルヴァンプライムにたっぷりとクレームシャンティを ...

2

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く     動画でこのレシピを作る   お誕生日ケーキにクリスマスケーキ。自分へのご褒美ケーキやカップルでのお祝いケーキ。 今回は卵1個で作れる12㎝(4 ...

3

先日初めての料理教室を開催しました。 下は保育園の子から小学校低学年、上は小学3年生の子まで合計6人の子供達とそのお母さん達との体験型親子料理教室です。作り方を説明していきながら実際に子供達に作ってい ...

4

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く      動画でこのレシピを作る   クリスマスに定番の苺の生クリスマスケーキ。 今回はプロレシピのクリスマスケーキの作り方・レシピをご紹介します。苺 ...

5

公開2018/10/23 おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。 【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキのレ ...

-お菓子作りのコツ

Copyright© コリスのお菓子作り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.