フィナンシェ・マドレーヌの作り方・レシピ

デコポンのパンドジェーヌの作り方・レシピ・パンドジェーヌについて- コリスのお菓子作りブログ

投稿日:2019年3月12日 更新日:

公開2019/03/12

デコポンのパンドジェーヌの作り方・レシピ・パンドジェーヌについてご紹介します。パンドジェーヌ「ジェノヴァのパン」という意味で、アーモンドの入ったしっとりしたリッチな味わいのケーキです。今回のパン・ド・ジェーヌはしっとりさの中に軽さのある味わいになっています。生地にはデコポンの皮を贅沢に混ぜ込んで、生地の上にはたっぷりとデコポンの果肉をのせて焼き上げます。

デコポンのパンドジェーヌできあがり

パンドジェーヌとは

◎パンドジェーヌとは

パンドジェーヌとは「ジェノヴァのパン」という意味でアーモンドを使ったリッチなお菓子です。

◎パンドジェーヌの発祥・由来について

パンドジェーヌはサントノーレ通りにあった名店「シブスト」のシェフパティシエの創作によるものだと伝えられています。当初はアンブロワジー(神々の食べもの)という名でしたが、1800年のフランス軍がイタリアのジェノヴァの街を包囲した時の一説で、敵軍に包囲された兵士は残された食料のお米とアーモンド5万キロを食べて生き延びたと言われています。この一説からパンドジェーヌという名になりました。

◎今回ご紹介するデコポンのパンドジェーヌについて

今回ご紹介するパンドジェーヌはデコポンとの相性を考えて軽めの食感のレシピになっています。アーモンドがたっぷりのしっとり濃厚なパンドジェーヌもありますが今回は比較的さっぱりとしたフルーツと相性のよい生地になっています。

デコポンのパンドジェーヌのレシピ

15㎝タルト型 1台分

材料 分量
無塩バター 45g
グラニュー糖 50g
卵(Mサイズ) 1個
アーモンドパウダー 15g
牛乳 15g
バニラオイル 少々
ラム酒 5g
デコポンの皮 3/4個分
薄力粉 60g
ベーキングパウダー 1g
デコポンの果肉 約3/4個分
粉糖 適量
無塩バター(ポマードバター(クリーム状のバター)型に塗る用 適量(約7g)

デコポンのパンドジェーヌの作り方

デコポンのパンドジェーヌ作りの前準備

タルト型にバターを塗る

※タルト型にポマードバターを塗り冷蔵庫で冷やしておきます。(常温に置いてやわらかくなったクリーム状のバター)バターの塗り方が薄かったり、溶かしバターを塗ったりすると焼き上がりにタルト型に生地がくっついてしまうことがあります。今回は比較的生地離れの良いテフロン加工のタルト型を使いました。タルト型の種類によってはバターを塗った後に強力粉をまぶす「ブールファリネ」をしておくことをお勧めします。(焼き上がりに生地がくっついてしまうと型から外すのがかなり困難になります)

薄力粉とベーキングパウダーを混ぜ合わす

※薄力粉とベーキングパウダーはよく混ぜ合わせておきます
※バターは常温に置いてやわらかくしておきます。(室温が寒くて柔らかくならない場合は電子レンジ500wで5~10秒ごと温め、バターの固さを調整します)
※卵はよく溶きほぐしておきます。

パンドジェーヌ生地を作る

バターを泡立てる

1、事前に常温に置いてやわらかくしたバターをホイッパーでクリーム状にしてグラニュー糖を2回に分け入れそのつど泡立て、白っぽくなるまで泡立てます。

バターに卵を加え混ぜ合わす

2、①に卵を3~4回に分け入れそのつどホイッパーでよく混ぜ合わせます。(最後の方で多少分離してもアーモンドパウダーでつながるので大丈夫です☆)

生地を混ぜる

3、②にアーモンドパウダーを加え混ぜ合わせ、バニラオイル、牛乳、ラム酒を加え混ぜ合わせます。(多少分離してもこの後の粉でつながるので大丈夫です☆)

デコポンの皮をすりおろす

4、③にデコポンの皮をすりおろして加えます。(皮の白い部分が入ると苦みが入ってしまうので表面のオレンジ色の部分だけを加えるようにします)

生地をホイッパーで混ぜる

生地をゴムベラで混ぜる

5、④に薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れホイッパーで粉気が無くなるまで軽く混ぜ合わせます。粉気が無くなったらゴムベラでなめらかにツヤが出るまで混ぜ合わせます。

パンドジェーヌ生地を型に絞り入れデコポンをのせ焼く

デコポンをカットする

※デコポンの皮を剥いて果肉を薄皮ごとカットします。約7㎜の厚みの扇形になるようにカットします。

生地を型に絞り入れる

生地の表面をならす

粉糖をふりかける

6、⑤をタルト型に絞り入れ表面をならします。カットしたデコポンの果肉(扇形)をのせ粉糖をふるいかけます。

パンドジェーヌを焼く

7、180℃に予熱したオーブンで約27~30分焼きます。焼き上がりは中心に竹串をさして生地がついてこなければOKです。

パンドジェーヌを型から外す

8、焼けたら荒熱が取れるまで常温で置いておきます。(焼きたては生地が柔らかいので無理にタルト型から外すとケーキが崩れます。)荒熱が取れてケーキが落ち着いたら型からはずします。

ナパージュを塗る

9、ナパージュを適量塗ってチャービルをのせれば完成です。(ナパージュはデコポンの表面に☆)

デコポンのパンドジェーヌできあがり

デコポンのパンドジェーヌをカット

おすすめ商品

 

 まとめ

今回はデコポンのパンドジェーヌの作り方・レシピ・パンドジェーヌとは、についてご紹介しました。しっとりとリッチなパンドジェーヌ生地とジューシーなデコポンがとっても相性の良いケーキです。生地に混ぜ込んだデコポンの皮、上にたっぷりとのせたデコポンの果肉、デコポンの美味しさが丸ごと味わえるケーキです(#^^#)クリームたっぷりのケーキも美味しいですが、このような素朴な味わいのケーキもまたホッとする味わいで美味しいんですよね☆是非作ってみて下さいね☆

☆おすすめ記事☆

チョコレートの基礎知識・コツ

マカロンの起源や歴史・作り方のコツ

イースター(復活祭)について

チョコレートの乳化について

天使のなめらかプリン

紅茶のシフォンケーキ

チョコレートマカロン

世界一簡単?!なクッキー

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

☆おすすめ記事☆

1

調理時間:40分以下              動画でこのレシピを作る   今回は簡単かぼちゃのミニモンブランの作り方・レシピをご紹介します。ルヴァンプライムにたっぷりとクレームシャンティを ...

2

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く     動画でこのレシピを作る   お誕生日ケーキにクリスマスケーキ。自分へのご褒美ケーキやカップルでのお祝いケーキ。 今回は卵1個で作れる12㎝(4 ...

3

先日初めての料理教室を開催しました。 下は保育園の子から小学校低学年、上は小学3年生の子まで合計6人の子供達とそのお母さん達との体験型親子料理教室です。作り方を説明していきながら実際に子供達に作ってい ...

4

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く      動画でこのレシピを作る   クリスマスに定番の苺の生クリスマスケーキ。 今回はプロレシピのクリスマスケーキの作り方・レシピをご紹介します。苺 ...

5

公開2018/10/23 おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。 【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキのレ ...

-フィナンシェ・マドレーヌの作り方・レシピ

Copyright© コリスのお菓子作り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.