パウンドケーキの作り方・レシピ

【手のひらサイズ】ホワイトレモンケーキの作り方・レシピ - コリスとリリのおうちお菓子作りブログ

更新日:

公開2018/7/25

手のひらサイズのウィークエンドシトロン出来上がり

おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、手のひらサイズの小さなホワイトレモンケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。

手のひらサイズの小さなホワイトレモンケーキのレシピ、作り方のコツなど。

手のひらサイズの小さなホワイトレモンケーキについて

ホワイトレモンケーキはふんわりしっとりとした食感にレモンの香りが優しく香るケーキです。レモンの皮と果汁を贅沢に生地に練りこむことでバターと卵の優しい風味と一緒にレモンの優しい香りと風味が口いっぱいに広がります。ふんわり生地を小さな型に流して焼き上げ仕上げにミルキーなホワイトチョコを上面にたっぷり塗って仕上げます。レモンと卵の優しい風味とホワイトチョコが口の中でふんわりしっとり溶ける優しい味わいのケーキです。ティータイムに温かいアールグレーティーと一緒に頂くのがおすすめですよ(#^^#)

レシピ

ホワイトレモンケーキ 上幅約7cm底径5センチ高さ3.5cmの焼きカップ 約9個分

材料 分量
卵(Mサイズ) 2玉分(約115グラム)
グラニュー糖 95グラム
薄力粉 35グラム
強力粉 35グラム
無塩バター 62グラム
レモンの果汁 2分の1個分
レモンの皮 1個分

<ホワイトチョコ>

材料 分量
ホワイトチョコ 100グラム

<仕上げ・飾り用>

材料 分量
ピスタチオ(刻み) 適量
レモン(3ミリにスライスしたものを8分の1カット) 9枚

前準備

・オーブンの予熱160度に温めておく

上幅約7cm底径5センチ高さ3.5cmの焼きカップを用意しておく

・ホワイトレモンケーキ作りに必要な道具類の準備

・ホワイトレモンケーキの材料の計量

・湯煎を用意しておく→湯煎の作り方・作り方のコツ

粉を混ぜ合わす

薄力粉と強力粉は同じ器に入れホイッパーでしっかりと均一に混ぜ合わせておく。混ぜ合わせた粉をあらかじめ細かいふるいでふるっておき器に戻しておく(材料に混ぜ合わせる時にもう一度ふるうため) 生地にダマを作らないための粉ふるいの方法→粉ふるいの方法・コツ

コリス
薄力粉と強力粉は特徴が大きく違うからしっかりと混ぜておかなきゃいけないね。

溶かしバター作りバターの入った器にラップをして、電子レンジ又は湯煎で溶かしバターにしておく

溶かしバター作り2電子レンジにかけ溶かしバターにしました。(温度は約40度)

リリ
バターは熱くしすぎると分離してしまいます。まろやかなウィークエンドシトロン(レモンバターケーキ)を作るためにもバターをあつくしすぎないよう温度には気をつけましょう。ポイントはレンジで溶かす時も湯煎で溶かす時も同じですがバターを熱くしすぎないこと。そしてバターがまだ一部溶け残った状態で溶かすのをやめて、残りは余熱で溶かすとバターが熱くなりすぎるのを防げます。

コリス
約40度ってことはお風呂と同じくらいだね。指でちょっと触ってみて「いい湯だな~」と思ったらオッケーだね!そういえば電子レンジにかけバターを溶かす時に、稀にバターが飛び散ることがあるので器にはラップをしておこうね

手のひらサイズの小さなホワイトレモンケーキの作り方

卵を溶きほぐし、グラニュー糖を混ぜ合わす

卵溶きほぐす卵を溶きほぐします。

卵にグラニュー糖を入れる卵にグラニュー糖を加える溶きほぐした卵にグラニュー糖を加え混ぜ合わせます。写真のようにある程度混ざり合えば良いです。

リリ
卵の温度が冷たい状態なのでボウルの淵などにグラニュー糖の粒子が若干残っている状態ですが、この後すぐに湯煎にかけ温め溶かしきるので大丈夫です。

コリス
砂糖は冷たい水よりも温かい水の方が多い量の砂糖が溶ける実験が理科の実験であったね。卵も温めることでグラニュー糖が溶けやすくなるってことなんだ!

卵を湯煎にあて温めていく

湯煎の作り方→湯煎の作り方・作り方のコツ を参考に湯煎を用意する。お湯の温度は約60度から70度です。

湯煎のポイント

・湯煎の火を切っておく→卵の入ったボウルが湯煎の鍋底に当たった時に卵に火が入ってしまうリスクを減らします。そして卵を温めている時に湯煎の温度がどんどん高温になってしまい卵に火が入ってしまう恐れもあるので湯煎の火は切っておきましょう

・湯煎の温度に気を付ける→沸騰しているお湯や熱すぎるお湯は卵に火が入る恐れがあるので注意です。そして熱すぎるお湯で急激に卵を温めても卵に混ざっているグラニュー糖が溶けきっていない可能性も出てきます。逆にぬるすぎるお湯で湯煎にあてても冷たい卵はなかなか温まってくれません。温まりきっていない卵を泡立てていっても十分に空気を含ませれずに重たい生地のスポンジケーキになってしまいます。適温の湯煎で効率よく温めていきます。

リリ
グラニュー糖を卵にしっかり溶かしきること、卵に火が入らないように注意しながら適温までしっかり温めていくことが重要です。

卵を湯煎で温める

湯煎にあてホイッパーで混ぜながら卵液を約40度まで温めていきます。温め終わったら湯煎からおろします。

コリス
温めた卵を指先で軽く触って、温かーいお風呂くらいに感じたらOKだよ。もちろん温度計を使って確認しても良いね

卵を泡立てていく

卵を泡立てる

温めた卵をホイッパーで泡立てていきます。

ハンドミキサーで泡立てていく場合はスピードを中速で泡立てていきます(5段階スピード切り替えのハンドミキサーの場合3程度で泡立てていく)

卵を泡立てる2ホイッパーで泡立てていくのは結構大変なので…ハンドミキサーで泡立てるのがお勧めです。

コリス
腕が疲れてきた~…次回からはハンドミキサーで泡立てよう

卵泡立て完了生地を垂らすとリボン状に垂れて跡が残ります。これで泡立て完了です。

コリス
[st-kaiwa2]手でここまで泡立てるのは大変だね
[/st-kaiwa2]

卵が泡立ってからレモンの皮をすりおろし、レモンの果汁を絞る

レモンの皮すりおろすレモン1個分の皮をすりおろします。

リリ
レモンの皮の中の白い部分には苦味があるので、表面の部分だけを削るようにしましょう

コリス
せっかく香り豊かなレモンの皮と果汁だから生地に混ぜ合わせる直前にすりおろしたり絞ったりするんだね!あ~レモンの良い香り。

レモン果汁絞るレモン2分の1個分の果汁を絞ります。

コリス
レモンの実の部分にペティナイフで切れ込みを入れると果汁が絞りやすくなるよ

生地に混ぜ合わせていく

粉をふるい入れる泡立った生地に粉をふるい入れていきます。

粉をふるい入れる2事前に細かいふるいでふるっているので、少し荒目のふるいで手早くふるいいれます。

粉を混ぜ合わせる粉を混ぜ合わす2底に沈んだ粉を上に上げていくように大きくさっくりと混ぜ合わせていきます。粉気が見えなくなったら混ぜ終わりです。

溶かしバターを混ぜ合わす溶かしたバター(約35℃~40℃)を全て入れます。

溶かしバターを混ぜ合わす2溶かしバター混ぜ終わり生地にツヤがでるようにしっかり混ぜ合わせます。

リリ
溶かしたバターはどんどん生地の底に沈んでいくのでゴムベラで底からしっかり混ぜ合わせましょう

生地にレモンの皮をいれるすりおろしたレモンの皮を入れます。

生地にレモンの果汁を入れるレモンの果汁を茶こしでこしながら入れます。

レモンの皮と果汁を混ぜ合わす

生地混ぜ終わりしっかりと均一に混ぜ合わせます。これでホワイトレモンケーキの生地の完成です。

コリス
ホワイトレモンケーキは普通のスポンジケーキなどよりもしっかりと混ぜ合わせるんだね!

リリ
スポンジケーキなどは軽くふんわりとした食感になるようにサックリと混ぜ合わせ混ぜすぎないよう注意しましたが、ホワイトレモンケーキはバターのたっぷり入るバターケーキなので、ある程度しっかりと混ぜ合わせます。

生地を絞り袋に入れ型に流し入れる

絞り袋に生地を入れる

絞り袋の先を切らない状態で適度な大きさの筒状のものに絞り袋を被せ、生地を絞り袋に入れます。今回はちょうどよい大きさのジューサーを使いました。

コリス
一人で作る場合は絞り袋に生地を入れるのも大変だもんね

絞り袋の先をカットする

生地を流し入れる

絞り袋の先をカットしてカップに流し入れていきます。

生地を流し入れる2

カップの約7~8割程度まで生地を流し入れました。上幅約7cm底径5センチ高さ3.5cmの焼きカップに9個流し入れました。

リリ
生地を多く流しすぎると焼いて膨らんだ時に生地がカップから溢れるので注意しましょう。生地の泡立て具合や混ぜ具合によって出来上がる数は多少前後します。

生地を焼く

生地を焼く

160度で約28分焼いていきます。(オーブンが2段ある場合は下段で焼きます)

ポイントと注意点:各家庭によって使用しているオーブンの種類が違えばその特徴も違います。160度で約28分というのはあくまでも目安なので使用するオーブンの特徴に合わせて調整します。今回は上下に熱源のあるオーブンを使用しています。最近の家庭用オーブンは熱風が出て均一に焼けるオーブンも出たりしているのでオーブンの説明書に記載されている焼き温度や焼き時間も参考にすると良いです

コリス
ホワイトレモンケーキは低温でじっくりと焼いていくんだね!

焼き上がり確認28分経過しました。ホワイトレモンケーキの淵の部分が少し縮んできていることと、ホワイトレモンケーキの表面を指で少し押してみて生地が軽く跳ね返ってくるようなら焼き上がりです。

焼き上がり確認2

焼き上がり確認3

もう一つの確認方法として、生地の真ん中に竹串をさし生地がついてこなければ焼き上がりになります。

ケーキクーラーの上に移す

ケーキクーラーの上に移す2

焼けたらすぐにホワイトレモンケーキを天板からケーキクーラーの上に移し冷まします。

コリス
はぁ~レモンの甘くていい香り…このままでも十分かわいいしおいしそうだね。レモンバターカステラっていう名前でこのまま食べたいな~

リリ
このまま袋に入れてラッピングしてもしっとりフワフワして十分おいしいですよ!ただし保湿はしっかりしましょうね。

ある程度の熱がとれたら(ケーキの底を触ってほんのり温かい程度)袋に入れて保湿しながら完全に冷めるまで常温に置いておきます。仕上げる30分から1時間前に袋に入れたまま冷蔵庫にいれ冷やすことで、レモンケーキの形がしっかりして崩れにくくなり仕上げやすくなります。

リリ
ケーキが出来立てすぎてフワフワの状態で型から外そうとしたり、ホワイトチョコを塗ろうとするとケーキの表面がボロボロと崩れてくる恐れがあるので、仕上げる前に冷やしてから行いましょう。

ケーキをカップから外してホワイトチョコを塗る

ホワイトチョコを砕く

ホワイトチョコを湯煎にあてる

ホワイトチョコ(100グラム)を砕いて約60℃の湯煎で溶かします。

コリス
チョコレートに水気がつかないようにボウルやゴムベラ、手などについた水分はしっかりふき取って乾燥させておこうね

ホワイトチョコを溶かす

ホワイトチョコがなめらかに溶けた状態で、約40℃になるまで温めましょう。

リリ
ホワイトチョコは高温で温めすぎるとなめらかさがなくなってしまったり、ツヤがなくなってしまったりするので、約60℃の湯煎でゆっくり優しく溶かしましょう。

ケーキをカップから外す

ケーキをカップから外す2

ケーキをカップから外す3

袋に入れ保湿しながら冷蔵庫で30分~1時間程度冷やして形のしっかりしたケーキをカップから外してひっくり返した状態で並べます。

コリス
せっかくきれいに焼きあがったから崩さないように慎重に外そうね

ホワイトチョコを塗る

40℃に温めたホワイトチョコをハケを使ってケーキの上面に薄めに塗ります。

コリス
一度にたっぷり塗ろうとして何度もハケでケーキの表面を触るとケーキがどんどん崩れちゃうから、まずは薄めに1回塗ってそれからもう一度塗ることで表面がツヤっときれいに仕上がるよ

ホワイトチョコを塗る

一度薄めに塗った上からホワイトチョコをもう一度塗ります。塗り重ねることで表面がきれいに仕上がります。

コリス
一つ食べたい~。ボウルについたホワイトチョコは後から食べるから置いといてね

仕上げ・飾り付け

刻んだピスタチオをのせる

ホワイトチョコが溶けている間に刻んだピスタチオとレモンを飾っていきます。まず刻んだピスタチオをケーキの表面の半分にのせます。

リリ
ホワイトチョコが固まってから飾ってしまうとピスタチオやレモンが取れてしまうので、ホワイトチョコが溶けてるうちに飾りましょう

レモンを飾る

3ミリに輪切りにして、8分の1にカットしたレモンを飾ります。

手のひらサイズの小さなウィークエンドシトロンの完成

手のひらサイズの小さなホワイトレモンケーキの完成です。

コリス
シンプルだけどおいしそうだね~。

手のひらサイズの小さなウィークエンドシトロン

手のひらサイズの小さなウィークエンドシトロン2

ウィークエンドシトロンを食べる

ウィークエンドシトロンを食べる2

コリス
フワッフワしっとりで卵とレモンが優しく香る生地にミルキーなホワイトチョコが一緒に溶けて…幸せってこのことなんだろうね…リリ~、あったかいアールグレー淹れてきて~

リリ
自分で淹れてきなさい。ホワイトレモンケーキは冷蔵庫で冷たく冷やして食べてもさっぱりしておいしいですよ。

手のひらサイズの小さなホワイトレモンケーキをおいしく保存する

ホワイトレモンケーキはバターケーキなので袋などにいれしっかり保存すればある程度の日持ちがします。(日にちをおく場合は飾りのレモンはのせないほうが良いです)出来立てのそのままでもおいしいですが、袋に入れ保湿したまま1日置くと味わいが丸くなっておいしくなります。夏場などは冷蔵庫で冷やして食べてもさっぱりとおいしく食べれてお勧めです。

まとめ

今回は手のひらサイズの小さなホワイトレモンケーキを作りました。レモンと卵が優しく香る生地にミルキーなホワイトチョコをたっぷりかけて、とてもシンプルですが優しい味わいのバターケーキです。手のひらサイズなので気軽におやつなどで頂くのも良いですし、お茶会などにもおすすめです(#^^#)

過去に紹介した丸~いウィークエンドシトロン(15cmサイズ)とは生地のレシピは一緒ですが、大きさと仕上げ方を変えるだけで味わいは別物になります。15cmサイズの丸~いウィークエンドシトロンは周りをレモンの風味がさわやかなグラスロワイヤルで仕上げましたが、今回はホワイトチョコなのでその点でも味わいは大きく変わりますよ(#^^#)

☆おすすめ記事☆

濃厚トロけるガトーショコラ

切り株ケーキ

チョコレートディアマンクッキー

クレームブリュレ

簡単チョコムース

ティラミスタルト

クリスマスケーキ

ウィークエンドシトロン

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

☆人気記事☆

1

公開2019/05/02 今回は天使の口どけレアチーズケーキの作り方・レシピをご紹介します。材料4つを混ぜ合わせ泡立てるだけで出来る簡単レアチーズケーキです。味わいと口どけはお店の味わいです☆ スポン ...

2

公開2019/03/20 今回は生シフォンシューケーキの作り方・レシピについてご紹介します。ふわふわしっとりで卵の優しい風味とはちみつの優しい香りが香るシフォン生地をカップに入れて焼き上げ、脂肪分35 ...

3

公開2019/03/05 今回はオーブンを使わずにフライパンを使って作るとろけるプリンの作り方・レシピをご紹介します。オーブンが無くてもフライパンゆっくりと蒸し焼きにすることでとってもなめらかでとろけ ...

4

公開2019/02/15 おうちでお菓子作りの初心者向けに、チョコレートマカロン☆生チョコサンドの作り方とコツを写真付きでまとめています。 チョコレートマカロン☆生チョコサンドのレシピ、作り方のコツな ...

5

公開2019/02/12 おうちでお菓子作りの初心者向けに、シャカシャカ振るだけでできる☆世界一簡単!?なクッキーの作り方とコツを写真付きでまとめています。 シャカシャカ振るだけでできる☆世界一簡単! ...

6

公開2019/02/08 おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、天使のなめらかプリンの作り方とコツを写真付きでまとめています。 天使のなめらかプリンのレシピ、作り方のコツなど。 スポンサードリンク 目 ...

7

公開2019/1/21 おうちでお菓子作りの初心者向けに、混ぜるだけ簡単・本格ブラウニーの作り方とコツを写真付きでまとめています。 混ぜるだけ簡単・本格ブラウニーのレシピ、作り方のコツなど スポンサー ...

8

公開2018/10/30 おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、基本のパウンドケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。 基本のパウンドケーキのレシピ、作り方のコツなど スポンサードリンク 目次 ...

-パウンドケーキの作り方・レシピ

Copyright© コリスとリリのおうちお菓子作りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.