カスタードクリームの作り方・レシピ

カスタードクリーム(クレームパティシエール)の作り方・レシピ - コリスとリリのおうちお菓子作りブログ

更新日:

公開2018/1/22おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、カスタードクリーム(クレームパティシエール)の作り方とコツを写真付きでまとめています。

カスタードクリーム(クレームパティシエール)のレシピ、作り方、作り方のコツなど

カスタードクリームについて

なめらかで香りの良いカスタードクリーム。材料の大半がお買い得な牛乳や卵なので、カスタードクリームって案外お手軽にできるんですよね(#^^#)
ただカスタードクリーム=焦げる、ダマになる、なめらかにならない、などのリスクが作る前から頭をよぎります(T_T)ポイントを一つ一つ守ればおうちでも必ず美味しいカスタードクリームができます。
基本のカスタードクリームが作れるようになれば数多くのお菓子作りのバリエーションが増えますし、なりより手作りのカスタードクリームはうまく作ることができればホントに美味しいし愛着がうまれます!お菓子屋さんではクレームパティシエールと言って、お店のこだわりが出るクリームです。是非手作りのカスタードクリームを作ってみてください(^^)/

レシピ

材料 分量
牛乳 255g
無塩バター 17g
バニラオイル 少々
卵黄(Mサイズ) 2個分
グラニュー糖 40g
薄力粉 13g
コーンスターチ 7g
純生クリーム(脂肪分約47%) 80g
粉糖 7g

コリス
生クリームは他の生クリームでも代用できるけど、脂肪分が47%の生クリームを使うことでよりミルキ~でコシのあるふんわりとしたカスタードクリームが作れるよ。お好みのもので作ってみてね

カスタードクリームの作り方

前準備

・手鍋に牛乳、無塩バター、バニラオイルを入れておく

・薄力粉とコーンスターチをよく混ぜ合わせておく

・炊き上がったカスタードクリームを入れるボウルを用意しておく(きれいに洗って乾燥したもの)

カスタードクリームを炊く時の道具や環境について→カスタードクリームを炊く時の道具や環境についてのポイント

カスタードクリームを作る

卵黄にグラニュー糖を加えホイッパーで白っぽくなるまで泡立てます。

リリ
卵黄に空気を含ませることで、熱い牛乳を加えた時に卵黄に火が入ってダマになってしまうリスクを少なくしてくれます。そして薄力粉などの粉類がスムーズに混ざってくれます

事前に混ぜ合わせた薄力粉とコーンスターチを加え、ホイッパーで粉気が無くなるまで混ぜ合わせます。

コリス
混ぜすぎるとカスタードクリームの口当たりが悪くなるから注意しようね。

手鍋を中火にかけてゴムベラで混ぜながら加熱していきます。軽く沸騰したら火を止めます。

コリス
ゴムベラで鍋底を軽くこするようにしながら丁寧に加熱していこうね。この段階で鍋底に牛乳がこびりついちゃうとカスタードクリームを炊く時に焦げてしまうリスクが高くなっちゃうよ。

卵黄に1/3程度の牛乳を加えすぐにホイッパーで混ぜ合わせ、混ざったら残りの2/3を加え混ぜ合わせます。

カスタード液をザルで濾しながら手鍋に戻します。

中火~強火で加熱しながらゴムベラで混ぜながら加熱していきます。

リリ
鍋底を軽くこするようにしながらゴムベラで8の字を描くようにして全体を混ぜましょう

固まってきたら火を切ってホイッパーでなめらかにして、全体を均一なクリーム状にします。

コリス
ホイッパーで混ぜる時は勢いよく鍋をこすっちゃうと鍋の金気がクリームについちゃうから優しく混ぜてね

再度火にかけてゴムベラで混ぜながら加熱します。沸騰してからカスタードクリームのコシがぬけサラッとしたら炊き上がりです。

リリ
炊き上がりの状態はカスタードクリームの作り方の動画を見て頂くのがお勧めです

炊き上がったカスタードクリームをきれいなボウルに入れ密着するようにラップをして涼しい場所又は氷水にあてて冷やします。熱が取れたら冷蔵庫に入れしっかりと冷やしておきましょう。

冬場のとても寒い時だと密着ラップをしたまま寒い場所(例えば気温2℃程度)においてしっかり冷ましてから冷蔵庫に入れしっかり冷やすようにしています。春先や夏場、秋など気温が上がってきた状態で温かい常温にクリームをずっと置いておくと食中毒に繋がる恐れがあります。気温や室温の状態によってはしっかりと氷水にあて、なるべく早く熱を取ってあげてから冷蔵庫で冷やすようにしてくださいm(_ _)m

生クリームを泡立ててカスタードクリームと合わす

生クリームに粉糖を入れて写真のようにしっかりとした固さに泡立てます。しっかりとした固さに泡立てることでカスタードクリームと混ぜ合わせた時にふんわりとしたカスタードクリームに仕上がります。

リリ
しっかりと泡立てますが、これ以上泡立てるとクリームが分離してくるのでその点は注意して下さい

冷蔵庫に入れしっかりと冷やし寝かせたカスタードクリームをゴムベラで上から潰すようにしてクリームをほぐします。

コリス
無理やり練ってほぐしちゃうと口の中でネバっとした口どけの悪いカスタードクリームになっちゃうから注意してね。少しダマになってても上から優しく潰すようにほぐすのがポイントだよ

ほぐしたカスタードクリームに泡立てた生クリームを全て加えゴムベラでサックリと混ぜ合わせます。なるべくクリームの空気を潰さないように混ぜ合わせて下さい。混ざればこりすクッキング特製のカスタードクリームの完成です☆

まとめ

今回はカスタードクリームの作り方・レシピを紹介しました。ここで紹介したカスタードクリームだとカスタードクリームと生クリームが完全に一体に混ざりにくいかも知れませんが、個人的には多少混ざりきっていなくても練らないようにしてふんわりと仕上げるのが美味しいカスタードクリームを作るうえでの一つのポイントだと思います(私の好みですが(^-^;)もちろんしっかりとなめらかなペースト状にしてから生クリームを加えて均一ななめらかなカスタードクリームにするのも美味しいと思いますが、今回の作り方は私の一番好みの作り方でお伝えさせて頂きましたm(_ _)m良かったら試してみて下さいね☆

☆おすすめ記事☆

天使のなめらかプリン

切り株ケーキ

チョコレートディアマンクッキー

クレームブリュレ

簡単ハートパイ(パルミエ)

世界一簡単なクッキー

クリスマスケーキ

ウィークエンドシトロン

 

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

-カスタードクリームの作り方・レシピ

Copyright© コリスとリリのおうちお菓子作り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.