お菓子作りのコツ

バターの扱い方・計量のポイント - コリスのお菓子作りブログ

投稿日:2017年12月29日 更新日:

公開2017/12/29バターおうちで作るお菓子作りの初心者向けに、バターを適度な固さにし扱いやすくする方法・バターの計量のポイントを写真付きでまとめています。

バターを適度な固さにし扱いやすくする方法・バターの計量のポイントなど

バターの計量の時のポイント

バターの開け方・きれいな使い方

バターバターの開け方、きれいな使い方について。まず写真のようにバターの包み紙の開く面を上にします。

バターまずバターの包み紙の上を開きます。

バター上の部分を写真のように開きます。包み紙が破れないように気を付けます。

バター包み紙の両側面を開きます。

バター両側面を開くと写真のようになります。

バター包み紙を開いていきます。

バター最後に両側面を開きます。

バター包み紙をきれいに開いた状態にして使います。

リリ
バターのメーカーによって若干包み方が違うかもしれませんが、慎重に包み紙を開いていき写真のような状態にしてバターを計量していきます。

バターバターを計量していきます。

リリ
余ったバターを再度包み紙で包みなおすので、バターはなるべくきれいにまっすぐ切ります。

バター余ったバターをきれいに包みなおします。

バターきれいに包みなおして、その上からラップやビニール袋などで包んで冷蔵庫などで保管します。

バターを計量・扱う注意点とポイント:バタークリームやバターケーキ(パウンドケーキ)バタークッキーなど主な材料がバターの時は特に、バターの風味で大きく味が変わります。たまにおうちでお菓子作りをする時に、久しぶりに冷蔵庫や冷凍庫から出したバターが冷蔵臭や冷凍臭がついていたり、バターの周りが溶けて分離していて風味が落ちていたり乾燥していたりするとせっかく丁寧にお菓子作りをしても風味が大きく落ちてしまいます。ケーキ屋では常にお菓子を作っているので材料もある程度新しいものを使えますが、おうちでたまにお菓子作りをする時に材料が劣化しないようにこのポイントを大事にしておいしいお菓子作りをします。

バターを常温に戻して扱いやすくする方法

☆おすすめ記事☆

チョコレートの基礎知識・コツ

マカロンの起源や歴史・作り方のコツ

イースター(復活祭)について

チョコレートの乳化について

天使のなめらかプリン

紅茶のシフォンケーキ

チョコレートマカロン

世界一簡単?!なクッキー

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

☆おすすめ記事☆

1

調理時間:40分以下              動画でこのレシピを作る   今回は簡単かぼちゃのミニモンブランの作り方・レシピをご紹介します。ルヴァンプライムにたっぷりとクレームシャンティを ...

2

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く     動画でこのレシピを作る   お誕生日ケーキにクリスマスケーキ。自分へのご褒美ケーキやカップルでのお祝いケーキ。 今回は卵1個で作れる12㎝(4 ...

3

先日初めての料理教室を開催しました。 下は保育園の子から小学校低学年、上は小学3年生の子まで合計6人の子供達とそのお母さん達との体験型親子料理教室です。作り方を説明していきながら実際に子供達に作ってい ...

4

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く      動画でこのレシピを作る   クリスマスに定番の苺の生クリスマスケーキ。 今回はプロレシピのクリスマスケーキの作り方・レシピをご紹介します。苺 ...

5

公開2018/10/23 おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。 【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキのレ ...

-お菓子作りのコツ

Copyright© コリスのお菓子作り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.