ビスキュイケーキ作り

アーモンドミルクカフェケーキの作り方・レシピ - コリスのお菓子作りブログ

投稿日:2018年2月12日 更新日:

公開2018/2/12おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、アーモンドミルクカフェケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。

アーモンドミルクカフェケーキのレシピ、作り方、作り方のコツなど

アーモンドミルクカフェケーキについて

アーモンドミルクカフェケーキはビスキュイアーモンドとコーヒーバタークリームを主に使ったケーキです。アーモンドたっぷりのリッチな味わいにしっかりとした食感のビスキュイアーモンドとコクとミルクの風味豊かでコーヒーの風味、苦味、キレのある味わい深いコーヒーバタークリームが口の中で広がり、ヌガティーヌのサクサクとした食感とアーモンドとカラメルの風味、アーモンドの砂糖がけのカリッとした食感が味わいをまとめてくれます。コクが豊かでとてもリッチなケーキです。

レシピ

アーモンドミルクカフェケーキ 2.5㎝、9ヶ分

<ビスキュイアーモンド> ロールケーキ天板(28×28㎝)1枚分

材料 分量
粉糖 75グラム
アーモンドプードル 75グラム
60グラム(Mサイズ卵約1ヶ分)
卵黄 34グラム(Mサイズ卵約2ヶ分)
薄力粉 50グラム
卵白 105グラム(Mサイズ卵約3ヶ分)
グラニュー糖 35グラム

<コーヒーバタークリーム>

材料 分量
無塩バター 100グラム
有塩バター 10グラム
卵(Mサイズ) 1ヶ分(約58グラム)
グラニュー糖 45グラム
コーヒーペースト 適量

コーヒーペーストの作り方→コーヒーペーストの作り方・作り方のコツ

<ケーキの中に入れる材料>

<ヌガティーヌ>

材料 分量
グラニュー糖 30グラム
アーモンドスライス 30グラム

<シロップ>

材料 分量
グラニュー糖 45グラム
33グラム

<仕上げ・飾り付け>

材料 分量
純ココアパウダー 適量
アップルミント 適量

<クレームシャンティ>

材料 分量
生クリーム35% 40グラム
粉糖 3グラム

クレームシャンティにお勧めの生クリームについて→クレームシャンティを脂肪分の違う5種類の生クリームで作り比べ、味を比べる

<アーモンドの砂糖がけ>

材料 分量
 アーモンドホール 30グラム
グラニュー糖 20グラム
12グラム

生地とクリーム、その他の材料を作る

ビスキュイアーモンドの作り方→ビスキュイアーモンド生地の作り方・作り方のコツ

コーヒーバタークリームの作り方→コーヒーバタークリームの作り方・作り方のコツ

シロップの作り方→シロップの作り方・作り方のコツ

ヌガティーヌ作り方→ヌガティーヌの作り方・作り方のコツ

アーモンドの砂糖がけの作り方→アーモンドの砂糖がけの作り方・作り方のコツ

クレームシャンティはケーキを組み立ててから作ります。

アーモンドミルクカフェケーキを作る

ビスキュイアーモンドをカットする

ビスキュイアーモンドを用意します。

リリ
ビスキュイアーモンドは焼きたてではなく、焼いて荒熱をとってから表面にラップをして袋に入れ2時間ほど室温に置いたものを使います。生地がしっとりしていてカットや組み立てがしやすくなっています。

ビスキュイアーモンドの焼き紙を取ります→シート生地から焼き紙をはがす方法・コツ

ビスキュイアーモンドの焼き紙をはがし、新しい焼き紙の上にのせた状態にします。

ビスキュイアーモンドに定規をあて、包丁の先でカットする長さのところに目印を付けます。1枚の生地を3等分します。生地が約27㎝なので、約9㎝の所にカットする目印を付けます。

リリ
天板は27㎝×27㎝のものを使っていますが、多少の焼き縮みなどもあるので、実際に出来た生地の長さを計り、調整しながらカットしていきます。

目印を付けた所に包丁をあてビスキュイアーモンドをカットしていきます。

リリ
波刃包丁を使い、波刃を前後に動かすようにしてカットしていくと生地が潰れずにきれいにカットすることができます

生地を三等分にしました。

アーモンドミルクカフェケーキを組み立てる

3等分にカットしたビスキュイアーモンド、しっかりと泡立てふんわりとした状態のコーヒーバタークリーム、粗く刻んだヌガティーヌ、シロップを用意します。

ビスキュイアーモンドを1枚用意します。生地の焼き面は上にしておきます。

3等分した内の1枚目のビスキュイアーモンドの焼き面にシロップを塗っていきます。

リリ
シロップは3等分したビスキュイアーモンドすべてに塗っていくので、この段階でシロップを塗りすぎないように注意します。分量の3分の1程度のシロップを塗るようにします。

シロップを生地の表面に均一に塗りました。

リリ
シロップを塗ることで、出来上がったアーモンドミルクカフェケーキの生地の部分がしっとりとして、食べた時に口の中で生地とクリームの一体感が強くなります。

生地の上にコーヒーバタークリームをのせます。写真のようにゴムベラの半分程度をのせます。

リリ
コーヒーバタークリームは最初の段階で使いすぎると後半に足りなくなる恐れがあります。使う分量に注意します。

コーヒーバタークリームを生地全体に伸ばしました。

クリームの上に2枚目のビスキュイアーモンドをのせます。この時生地の焼き面が下になるようにのせます。

ビスキュイアーモンドにシロップを塗っていきます。

リリ
シロップは3等分したビスキュイアーモンドすべてに塗っていくので、この段階でシロップを塗りすぎないように注意します。分量の3分の1程度のシロップを塗るようにします。

生地の上にコーヒーバタークリームをのせます。写真のようにゴムベラの半分程度をのせます。

リリ
コーヒーバタークリームは使いすぎると後半に足りなくなる恐れがあります。使う分量に注意します。

コーヒーバタークリームを生地全体に伸ばしました。

クリームの上にヌガティーヌをのせます。

ヌガティーヌを全体にのせました。

3枚目のビスキュイアーモンドの焼き面に薄くコーヒーバタークリームを塗り広げ、焼き面を下にしてヌガティーヌの上にのせます。

リリ
3枚目のビスキュイアーモンドの焼き面にコーヒーバタークリームを塗って、焼き面を下にしてヌガティーヌにのせることで、クリームがヌガティーヌときじを接着する役割をしてケーキが崩れたり生地が剥がれてしまうことを防ぎます。

ビスキュイアーモンドにシロップを均一に塗っていきます。これでアーモンドミルクカフェケーキの組み立ては完了です。

ケーキの表面にコーヒーバタークリームを塗る

コーヒーバタークリームをのせ塗り広げていきます。

リリ
コーヒーバタークリームが足りない状態にならないように、この時点までコーヒーバタークリームを計画的に使っていきます。

上面に均一にクリームを塗り広げます。側面はケーキを組み立てる時にクリームが少ない部分などがあって空洞になっていたら側面からクリームを塗って埋めます。

クリームを塗りました。このまま冷蔵庫で30分程度冷やし、クリームを軽く固めます。(きれいにカットしやすいため)

リリ
側面はこの後の工程でカットするので、クリームは空洞を埋める程度に軽く塗ります。(クリームが足りなくなる場合は無理に塗らなくても良いです)

側面をカットする

30分程度冷やし固めたケーキの側面をカットしていきます。約5ミリ程度カットします。

リリ
あまり薄くカットしてしまうとケーキの綺麗な断面がでない恐れがあるので、約5ミリ程度カットします。

カットしたケーキの端切れもとってもおいしいので、皿や器に取っておいておやつとして頂きます。

生地の側面をカットしました。

ケーキを切り分ける

ケーキを2.5㎝でカットしていきます。最初に包丁の先でカットするところに目印をつけてからカットします。

カットする時のポイント:ケーキをカットする時にペティナイフを熱湯で温め、水気を軽くふいてからカットします。バタークリームが固まっている場合は無理に力をいれてカットするとケーキが潰れたり崩れる原因になります。温めたペティナイフでゆっくりと切るのがポイントになります

ポイント2:今回は2.5㎝でカットしましたが、カットの大きさはお好みで変えても良いです。バターケーキは濃厚なので、通常のケーキよりは少し小さめにカットしました。そして贈り物などで、大きな1本ものとして仕上げる場合は箱の大きさなどに合わせてカットします。(例:17センチでカットして誕生日ケーキとして仕上げるなど)

カットが完了しました。

リリ
ケーキをきれいにカットし、仕上げるためにカットしてから仕上げと飾り付けをおこなっていきます。(先にケーキの上にクリームを絞ったり飾り付けるとカットが難しくなるため)

仕上げ・飾り付け

クレームシャンティを作ります→クレームシャンティの作り方・作り方のコツ

リリ
クレームシャンティを作るのに時間がかかる場合は、ケーキは冷蔵庫に入れておきます。

クレームシャンティは絞り袋に入れておきます。(絞り袋に丸口金の中をセットしておく)ココアパウダー、アーモンドの砂糖がけ、アップルミントを用意します。

絞り袋の作り方→絞り袋の作り方と絞り袋の扱い方

ケーキの上にクレームシャンティを絞ります。ケーキ1ヶにつきポッシュ絞りを3つ絞ります。

クリームを絞る方法→クリームの基本の4つの絞り方

ケーキの両端にココアパウダーを茶こしでふるいながら軽くかけていきます。

リリ
両端のクレームシャンティにココアパウダーが軽くかかるようにします。

アーモンドの砂糖がけを2粒ずつケーキの両端にのせていきます。

リリ
アーモンドの砂糖がけはクレームシャンティに少しつくようにのせます。クレームシャンティが接着になってアーモンドの砂糖がけがケーキから落ちるリスクを少なくします。

アップルミントを飾ります。

リリ
アップルミントはクリームシャンティに軽くさすようにして飾ります。

アーモンドミルクカフェケーキの完成です。

ケーキをおいしく保存する

香り良くおいしく出来上がったケーキをおいしいまま保存できるように、深めのタッパーなどに入れ上から蓋やラップをして保湿しながら冷蔵庫で保存することで乾燥や匂いうつりを防いでフンワリしっとり香りの良いケーキを長く楽しむことができます

リリ
ケーキをそのまま冷蔵庫にある程度入れてしまうとクリームや生地が乾燥してきて食感が悪くなります。そして生地やクリームの香りが抜けてしまうだけでなく、冷蔵庫の匂いがケーキにうつってしまう恐れがあるので注意します。

まとめ

今回はアーモンドミルクカフェケーキを作りました。ビスキュイアーモンドのアーモンドたっぷりのリッチな味わいにしっかりとした食感とコーヒーバタークリームのコクとミルクの風味豊かでコーヒーの風味、苦味、キレのある味。ケーキの上にも香ばしいアーモンドの砂糖がけがのっていて、中には香りの良いヌガティーヌがたっぷりと入っています。ひとくち口にすると口の中でアーモンドのコクや珈琲の香り、カラメルの風味、それらをまとめてくれるクレームシャンティのミルキーさが広がります。そしてヌガティーヌやアーモンドの砂糖がけの食感、コーヒーバタークリームの濃厚な口どけ、しっかりとした生地の食感など食感も楽しめるケーキです。作る材料は多いですが、一つ一つを丁寧に作って組み立てればとてもリッチな味わいが待っています。午後のお茶会などにおいしいコーヒーや紅茶と一緒に頂けば幸せな時間が流れます。

☆おすすめ記事☆

濃厚トロけるガトーショコラ

切り株ケーキ

チョコレートディアマンクッキー

クレームブリュレ

簡単チョコムース

ティラミスタルト

クリスマスケーキ

ウィークエンドシトロン

スポンサードリンク

SNSも更新しています!

コリス
フォローしていただけると励みになります!
  • お菓子作りを動画で分かりやすく!

  • お菓子作りの日常をつぶやきます!

  • お菓子作りはインスタ映えします!

☆おすすめ記事☆

1

調理時間:40分以下              動画でこのレシピを作る   今回は簡単かぼちゃのミニモンブランの作り方・レシピをご紹介します。ルヴァンプライムにたっぷりとクレームシャンティを ...

2

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く     動画でこのレシピを作る   お誕生日ケーキにクリスマスケーキ。自分へのご褒美ケーキやカップルでのお祝いケーキ。 今回は卵1個で作れる12㎝(4 ...

3

先日初めての料理教室を開催しました。 下は保育園の子から小学校低学年、上は小学3年生の子まで合計6人の子供達とそのお母さん達との体験型親子料理教室です。作り方を説明していきながら実際に子供達に作ってい ...

4

調理時間:60分以下 ※焼き時間を除く      動画でこのレシピを作る   クリスマスに定番の苺の生クリスマスケーキ。 今回はプロレシピのクリスマスケーキの作り方・レシピをご紹介します。苺 ...

5

公開2018/10/23 おうちで作るお菓子作りの初心者向けに、【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキの作り方とコツを写真付きでまとめています。 【簡単ホクホク!】さつまいものパウンドケーキのレ ...

-ビスキュイケーキ作り

Copyright© コリスのお菓子作り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.